FC2ブログ
ライブチャット マシェリ
アーケード版「幽遊白書 ~死闘!暗黒武術会~」で写真館&攻略をやっている、そんな中級アーケードゲーマーが家庭用も攻略します。
オープニング


昨今、ジャンプ黄金期の名作のゲーム化がある意味ブームとなっております。
2Dゲーム3Dに乗せる技術が数年前に登場してからは特に。
そんな流れを汲み、これまで何度かゲーム化された幽遊白書もついに3D対戦格闘ゲームとして登場です。
http://yu-yu-hakusho.net/

キャラゲームで有名なバンプレストと、ランブルフィッシュで格闘ゲームメーカーとして名を上げたDIMPSが送る作品です。
http://www.banpresto.co.jp/
http://www.dimps.co.jp/top.html

2006年秋にアーケードで登場しましたが、キャラ好きに受けて意外とインカムは入ったものの、対戦ツールとしての貧弱さと真のラスボスの100%戸愚呂(弟)が強すぎることもあり、クソゲーと言われることも多々ありました。
幽遊白書なのに殴り合いがメインというのを嫌う人も少なからずいます。
しかし、やり込むと意外と味のあるゲームでもあり、私のように100%戸愚呂(弟)撃破に燃える人も少なからずいたものです。
オープニング2

その流れで2007年1月11日にPS2版としてストーリーモードやキャラの追加などでよりバージョンアップされているのが、本作「幽遊白書 ~暗黒武術会~ 120%フルパワー」です。
操作感などはアーケードと同様であるため、ついてこれない方にはきつい面もあるが、ストーリーモードも意外とよく出来ており、またキャラ数も増えています。
さらにあの極悪であった100%戸愚呂(弟)も隠しキャラとして使えるというアーケード版では夢だったことが実現されています。
クソゲーとだけで片付けるにはもったいない、意外とよい所もある作品です。
スポンサーサイト